皆様こんにちはいかがお過ごしでしょうか?

私のお家は窓が大きく大変気に入っているお家なのですが、最近お外の気温が高くてお昼は暑い~寒いより暑い方が断然好きなので良いのですが、すでにお家では扇風機が回っております。冷房はもっともっと電気代かかりますからね、節約節約。。(笑)

このような暖かいお天気の中、5月16日韓国観光公社在韓日本人ネットワークブログ記者団の活動の一環で

『平昌・江陵ツアー』

に参加させていただきました。こちらはブログ記者団のメンバーだけでの貸切ツアーではなく、ハンナラ観光さんの一般のツアーへの参加でしたので、一般の方たちもいらっしゃいました。

ツアーの詳細はこちらになります

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

2018年冬季オリンピックの開催地!平昌と江陸めぐりツアー<1日/昼食付/ソウル発>

平昌・江陵、ハングル表記ですと평창・강릉になりますね。

さて~なんて読むのでしょうか??正解はピョンチャン・カンヌンとなります

地図をご覧ください。ソウルからは東向き、バスで約2時間半~3時間くらいの江原道(カンウォンド)に位置します。

marikoevelyn-may2

ピョンチャンと聞くと、お??と思う方もいらっしゃるかもしれませんね先程答えがでちゃっていましたが(笑)

そうです、ピョンチャンは2018年の冬季オリンピックの開催地になんですよ街の至る所に2018年の冬季オリンピックの横断幕が掲げられていたり、オブジェが設置されていたりと、街をあげて2018年を迎えようとしているといった感じでした

さて、今回のこのハンナラ観光さんのツアーの日程は以下のような感じになります

紫でアンダーラインを引いた5つを主にめぐるツアーになります。ハンナラ観光さんのベテラン日本語ペラペラのおもしろい『しんちゃん』というお名前のガイドさんと共に明洞にあるロッテホテル本館の2階ツアーラウンジからスタートです

 

 

 

1つ休憩所をはさみ、まず第一の見どころ

静江園(韓国伝統飲食文化体験館) 見学&ビビンバ作り体験

へやって参りました。

 

こちらは俳優のキム・レウォンさん主演の韓国ドラマ『食客』のロケ地にもなった場所。

韓国の美しい自然を舞台に、全国各地の最高料理が登場し、食欲をそそらせます。韓国伝統宮中料理”大領オクス”の後継者の座をめぐり、二人の男が闘いをくり広げるストーリーで、各回における多様なエピソードが感動を与えます。食べ物をテーマとし、韓国の山海珍味がいつも登場することから夕食時を迎える視聴者たちの食欲をそそる作品でもあります。

marikoevelyn-may6

イ・ヨンエさんをはじめ芸能人の方のファンミーティングも行われたことがあるそうです。こちらで綺麗なチマチョゴリを来た方が山菜、ナムルを中心とした無添加の体に優しいビビンパを目の前で作ってくださいます。私もちょこっと参加してみましたが、一緒に具材を混ぜたりする軽い体験もすることができます

こちらのお食事の特徴は、コチュジャンやテンジャンは全て手作りで、お料理に入っているお野菜はこちらの敷地内の畑で採れたものを使用しているそうです。体に優しいヘルシーな韓国料理を味合うことができます

静江園(チョンガンウォン)は非常に豊かな自然に囲まれていて、敷地内にも庭園があったり、レストラン、博物館、宿泊施設まで併設されているとのことでした。まずは敷地内を見学しながらレストランに向かいます。

 

このカメ壺の大群韓国食文化にご興味のある方でしたらご存じかと思いますが、このカメ壺を韓国語で장덕(チャンドク)といってコチュジャンやテンジャン(味噌)、カンジャン(醤油)などを何か月、何年と入れておいて発酵させる壺です。

この장덕(チャンドク)は顕微鏡で見ると、極小の穴が開いているのですが、この穴からは中の液体は外にもれることはありませんが、外の空気は内側に入ることができるので質の良い発酵ができるという優れた壺です

 

 

それではいよいよお待ちかねのランチタイムレストラン内に入りますと前方にこのような大きなご飯の入った木の器、そしてナムル、お野菜、ヤンニョム(調味料)が用意されておりまして、鮮やかなピンクのチマチョゴリをお召しになった先生が登場されました。

先生の手前にあるこの大きな木の器で今回のツアー参加者総勢約30名ほどの量を一気に作りました今回作るこのビビンパは昔の王様が遠方から親戚がいらした時に、昼食としてごちそうしたビビンパと言われているそうです。それだけあってご飯の上に盛り付けるナムルやお野菜の種類が豊富なこと

これだけの数多くのお野菜や、海苔、そして体によい手作りのヤンニョムを混ぜてつくるので、1皿食べたただけでも体に必要な栄養分を十分に摂取できる非常に健康に優秀なビビンパが出来上がります。

そして味に大きな影響を与えるごま油もこちらでは韓国産を使用しています。

 

せっかくですから、やりたがり根性発揮で手袋をつけてナムルの盛り付けのお手伝いさせて頂きました

私は食べるの専門ですので、上手に盛り付けるというなんてことは下手くそ中の下手くそですが、先生やしんちゃんガイドさんにご指導頂き、お野菜をご飯の上にトッピングしていきましたよ

 

それぞれの材料を両端2か所ずつ置いていきます。うす茶色に見えるものは鶏肉のそぼろです。トップの部分には卵、最後に赤いコチュジャンをチョンチョンとのせて盛り付け完了です

お花に見えるように盛り付けるのがポイントのようです

約30人分の材料の割にはコチュジャンの量が割と少な目に見えますよね?おそらく日本人は辛い物が苦手だという点を考慮してくださったというのもあると思いますが、素材の味を十分に味わえるように薄目にされていたのではないかと思いますテーブルには別容器でコチュジャンが用意されていたので、後で味を加えることも可能ですよ。

marikoevelyn-may15

盛り付けは完了しましたが、ここからが本番ですよ~

ビビンパは韓国語で書くと비빔밥….日本語で비빔は混ぜる、밥はご飯。

つまり、混ぜるという工程がまだ残っているのですダイナミック混ぜ混ぜ!!お手伝いされていた方は大きなしゃもじを使いながら、先生は手袋を着けた手で体全体をつかって2人がかりで混ぜていきます。

 

混ぜているそばからごま油の食欲をそそる香りがぷ~んと広がってきます

お!!かなり混ざりましたねお二人が頑張ってくださったおかげです。ご飯よりもお野菜のほうが多く見える高級健康ビビンパの完成です

こちらを先生とレストランの方がそれぞれ個人用の器に移してくださり、お席まで運んでくださいます。

 

お席には既におかずたちがずらりとならんでいますよ。

韓国料理の魅力の一つとして、こういう반찬(パンチャン)と呼ばれるおかずのおかわり無料制度があるのではないかと思います。そして 반찬(パンチャン)がおいしいお店にはまた足を運びたくなるものです。こうやって韓国に住んでいるとこの반찬(パンチャン)おかわり無料制度に慣れてしまって、日本のレストランで小鉢に入ったキムチなどが1皿3,4oo円で1回食べたらおしまいなんて耐えられなくなってきましたよ(笑)

さて今回の반찬(パンチャン)は。。

真ん中の大きい円形のものはそば粉でできたチヂミ、白菜キムチ、お芋の煮物などでした。写真では見切れてしまっているのですが、わかめスープもついてきます。ビビンパを分けて頂いる間はこちらの반찬(パンチャン)をパクパク右上の濃い茶色いものがお芋の甘露煮のようなものでしたが、もっちりとしていて美味でした

 

さぁ、ビビンパが配られて参りました先程の大きな器の小さいバージョンに入れられて出てきましたソウルでビビンパを頂くときには石焼が多くて、以前全州(チョンジュ)へ旅行した時に頂いたチョンジュビビンパはカネ製の入れ物だったので、木の入れ物で頂くビビンパはおそらく初めてかと思います。

お野菜がたっぷりで、サラダのようなビビンパですね

素材の味1つ1つがしっかりしていて、お野菜が多いので歯ごたえがシャキシャキとしていてました。このビビンパ自体が薄味ですので先程紹介した반찬(パンチャン)との相性もバッチリ!!しばらくこのビビンパと반찬(パンチャン)を同時に楽しんだ後、私はここへコチュジャンをもう少し足しまして濃いめバージョンも頂きました。

 

韓国で1人暮らしをしていると、どうしても野菜不足になりがちな生活の救世主として『野菜が足りていないな?』と感じると私はよくビビンパを食べに行きます。

今回は野菜だけではなく調味料も化学調味料ではなく天然手作り、無添加だったので体に良い1食を食べられたことに非常に満足しています。

韓国ドラマ『食客』をご覧になった皆様や、ソウル郊外へちょっと足を伸ばしてみようとお考えの皆様、この平昌(ピョンチャン)にある静江園にいらしてはいかがでしょうか?

自然に囲まれた、自然の素材を生かしたお料理を頂ける素敵な静江園を今回はご紹介してみました。

以下に静江園へのアクセス等の情報を掲載しておきますのでよかったら参考になさって下さい

在韓日本人ネットワークのブログ(http://ameblo.jp/ktojapannetwork/

在韓日本人ネットワークのフェイスブック(https://www.facebook.com/japannetwork

 

★静江園情報★

■住所:江原道平昌郡龍坪面金堂渓谷路 2010-13(강원도평창군용평면금당계곡로 2010-13)

■電話番号:033-333-1011

■アクセス

①東ソウル総合バスターミナルで江陵(カンヌン)行きバスに乗車し、長坪(チャンピョン)バスターミナルで下車。(約2時間所要)。

②長坪バスターミナルで下車後、タクシーに乗車し静江園へ(約9分所要)

■ホームページ:http://www.jeonggangwon.com/ (日本語あり)