皆さまこんにちはいかがお過ごしでしょうか?

今回は、

①下の四角で囲った尖沙咀鐘楼のあたりからの九龍側から眺めることのできるビクトリアハーバーと香港島の高層ビル群

②上の四角で囲った所、歴史的建築物をそのまま保存して再建され、現在はおしゃれな高級ブティックやレストラン、全室スウィートルームという5つ星の高級ホテルが入っている1881 Heritage

をご紹介したいと思います

地図を見て頂いてお分かりの様に、こちらの2つの観光地は徒歩圏内、距離にすると約200mと近いので観光の際は是非行かれてみてはいかがでしょうか?

 

それではまず①の尖沙咀鐘楼のあたりからの九龍側から眺めることのできるビクトリアハーバーと香港島の高層ビル群からです。

実はこの場所、香港の観光名物ともいえるシンフォニー・オブ・ザ・ライツをこの場所から見ると光のイルミネーションがよく見える場所とされているところなんです。シンフォニー・オブ・ザ・ライツとは下記の写真のような、ギネス世界記録に認定されている香港が世界に誇る光と音楽のレーザーショーのこと。

※画像は香港政府観光局のHPよりお借りしました

ここにはプロムナード(散歩道・遊歩道)があり、お昼に来ても風を感じながらビクトリアハーバーや対岸の香港島を眺めることができるので観光客にも人気のスポットとなっているようです

湾曲している部分がいわゆるプロムナード。右側に見えるのが、尖沙咀鐘楼。

旧九龍駅時計台とも言われているようです。イギリス統治時代の建物でもあり、もともとはこの場にあった駅舎の内部にあったものだそうですが、今ではその駅舎は取り壊され、この尖沙咀鐘楼(旧九龍駅時計台)のみ残ったそうです。

散策したこの日はお天気も良く、さらになかなかの暑い日でした。雲はもくもくとあるものの、日差しも割と強く、そんな中でプロムナード脇に咲くこちらの濃いピンクのお花が南国チックな雰囲気を醸し出してくれて素敵でおもわずパチリ

何ていうお花なのでしょうか?ピンクのお花の中からよく見ると白い雌しべのようなお花がさらにニョキッと

プロムナードから見る香港島。iphoneでの撮影のため幅広く撮影できないため、この風景はほんの一部です。これよりも右、左にまだビル群が広がっているのです。

このプロムナードには下へ降りる階段もあるので、せっかくですから下へも降りてみました。

降りてみると、もっと近くでビクトリアハーバーを望むことができます。

ちなみにこの写真の手前に写っている女の子、彼氏となのか?Instagramのストーリーみたいなのをしてたのか?分かりませんが、海風が気持ちよく吹く中、イヤホンをしながら大きな声で携帯電話に向かって歌い、最後にチュッってしてました(笑)

私は歌うより、撮影派です

ビクトリアハーバーの海風と香港島のビル群を堪能した後は、

②の1881 Heritageへ

こちらは冒頭でもお伝えした通り、歴史的建築物をそのまま保存して再建され、現在はおしゃれな高級ブティックやレストラン、全室スウィートルームという5つ星の高級ホテルが入っている複合施設になります。オシャレ度が高いため、観光客にはフォトスポットとしても人気の観光地だそうです。

建物の正面で。

この素敵なコロニアル建築の美しい建物は以前、香港警隊前水警総部、日本だと水上警察署として約100年間使用されていた建物でした。

この入り口から入るとトイレがありました建物が綺麗だけにトイレも綺麗で使い勝手のよいおトイレでした。

中央の広場にはちょっとしたセットが。ここでは季節に合わせたイベントや催し物が行われているそうです。

いい年こいて何やっとんねん!的な写真ですが、、こんなものまで。

これは水警総部にあった大砲と同じものを、元に置かれていた場所そのままに展示してあるそうです。

質やお値段も高そうなレストラン、オープンテラスのレストランも見かけましたし、カルティエやティファニーなどの高級ジュエリーのお店も軒を連ねていて、高級感のある素敵な空間となっていました。

今やインスタグラムやFacebook、ブログなどでは写真映えするような場所、ご飯など大事じゃないですかここはまさしくフォトジェニックな写真が撮れる場所ではないでしょうか?

女性が喜びそうな場所だなぁと思いました

今回は、

【香港】九龍からビクトリアハーバーと香港島の高層ビル群を眺める&1881 Heritage散策

でお送りしました。

香港旅行に関する記事はコチラよりご覧いただけます。

インスタグラムもちょこちょこ更新しています。宜しくお願いします

インスタグラム : marikoevelyn

ブログ村にも参加しております。ポチッとどうぞ応援宜しくお願いします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ