みなさま、こんにちはしばらく香港・広州の記事が続きますが、お付き合いくださいませ。。

今日は香港の朝ごはんの定番、、あ、、あのマカロニスープではない方(笑)、

お粥

です!

ちなみにマカロニスープの記事はこちらです→【香港】…..ちょっとおすすめできない残念な香港のお食事…><;

さて、香港滞在中2,3回通ったお粥のお店はこちら、

羅富記粥麺専家(Lau Fu Kee)

外観はお世辞にも綺麗とは、、言えず、、

店先では朝からお店の方が仕込みをなさっています。入口に一歩入ると食欲をそそる中華スープのようないい香りが漂っています。

日本のお粥と違って中華がゆは味がしっかりついている印象があって、日本ででしたが初めて中華がゆを食べたときにあまりのおいしさに感動して、何度もそのお店に通ったのを思い出しました。そのお店、いつも人でにぎわっていたのに、なぜか残念ながら閉店してしまったのですけどね。。

朝はやっぱりお粥でしょ!ということで調べて、食べてみたかったお粥の写真とメニュー名を指さしてオーダー。

食べたかったお粥というのが、

皮蛋痩肉粥

なんて読むのかはわかりません

この皮蛋痩肉粥、ピータンと豚肉のお粥なんです。

痩肉とは脂身の少ない赤身の肉のことで、これが塩漬けにされたものが入っています。ですのでお肉だけ食べてみると、意外に結構しょっぱいのです。

左端にちょろっとみえているのはピータン。もちろん一つだけ浮いているのではありませんよ。沈んでいるだけなので下からレンゲですくうとたくさんピータンや豚肉が出てきます。

塩漬けされた豚肉のおかげとお粥自体にしっかり味がついているのでその他調味料は一切必要ないおいしさ

お粥の状態はとろっとろ食べるというよりか飲んでいる?!感じでしょうか。

香港流の食べ方といえば、このお粥に揚げパンを浸して食べるのが乙な様。

この揚げパン、油條と呼ばれるものだそうです。

これがその油條。

私はデブ食、いわゆるハイカロリーなお食事大好き人間ですから、、、この油條をお粥に浸して食べるのも結構好きでしたが、さすがにこの私でも途中で脂っぽいなーと思ったほどなので、オイリーなものが苦手な方は1つ2つほどチャレンジしてみられてはいかがでしょうか?

といっても油條を1つオーダーすると、こんなにこんもり出てきてしまいますがね

ちょろっと横をみると、店員さんが客席でワンタンづくりをしてる

あ、そういえば、地元の方はここでワンタン麺をオーダーするってどなたかのブログに書いてあったなぁ、、ということで、、

この黄金の輝くスープのワンタンメンもオーダーしてみました

ワンタンは下にゴロッと隠れています。

ワンタンお目見えスープうまし!

でもやっぱり私はお粥派かな

朝から地元の方もたくさん来ていましたし、ある日は日本人団体もたくさんみなさん、おいしいねぇと言い合いながら食べておられましたよ。

場所は、中環(セントラル)と上環(ションワン)の真ん中あたりに位置していて、お店近くにはヒルサイドエスカレーターや文武廟などの観光スポットもあるので、観光前の朝食にピッタリですよ。

今日は、

【香港】朝の定番メニューと言ったら『お粥』〜羅富記粥麺専家(Lau Fu Kee)〜

をご紹介しました。

【店舗名】羅富記粥麺専家(Lau Fu Kee)

【住所】中国香港皇后大道中144號金利商業大廈地下

【電話番号】852-2543388

香港旅行に関する記事はコチラよりご覧いただけます。

インスタグラムもちょこちょこ更新しています。宜しくお願いします

インスタグラム : marikoevelyn

ブログ村にも参加しております。ポチッとどうぞ応援宜しくお願いします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ