皆さまこんにちは、いかがお過ごしでしょうか?

今日はパリに来たら必ず1度は乗るであろう、セーヌ川クルーズのバト-ムッシュをご紹介したいと思います。

バト-ムッシュとは…?バト-ムッシュ・ジャポンのサイトから引用させていただきます。

“1949年創業。老舗のセーヌ川クルーズ会社です。50年以上の歴史の中、1億人のお客様に愛されてきました。会社名であり商標名である「バトー・ムッシュ」はいまやセーヌ川クルーズの代名詞にもなっています。有名な名前だからこそ、「バトー・ムッシュ」の名前の由来は諸説あります。最も有名な説は、フランス・リヨンの町の名前から来たというのも。18世紀初頭、造船業が盛んなリヨンのムッシュ地区で建造された船(バトー)が、「バトー・ムッシュ」です。”

まずはムービーを作成してみたのでクルーズに乗った気持ちで是非ご覧ください。4分程の動画で、日の入りの頃から暗くなるまでの様子もご覧いただけますので是非~

まずこちらがバト-ムッシュでのルートになります。(バト-ムッシュ・ジャポンのサイトから引用)

バトー・ムッシュは、アルマ橋から出発。 コンコルド広場、オルセー美術館、ルーブル美術館の脇を通りながら、シテ島へ。 ノートルダム寺院が横から後ろからと、さまざまな角度から楽しめます。 サン・ルイ島を過ぎてからUターン。 エッフェル塔とシャイヨー宮を左右に眺め、自由の女神像を廻って再びアルマ橋に戻ります。

marikoevelyn-pari6-1

バト-ムッシュの乗り場はパリの地下鉄9号線のアルマ・マルソー(Alma Marceau)駅から歩いて5分くらいのところにあります。

駅の出口の表記のところにもbateaux-mouchesと表記されていますし、地上にでてもこういう看板がありますので迷うことはありません。

marikoevelyn-pari6-2

セーヌ川沿いを歩いて約5分くらいで乗り場に到着。

私はチケットをあらかじめ予約していきましたが、チケットはこちらの乗り場でも買うことができます。自分が乗りたい時間の前に到着しても待合室があるのでそこで待機することも可能です。

marikoevelyn-pari6-3

それでは早速クルーズスタートです!

ムービーでもご紹介しましたが、お昼乗るのも明るくて綺麗だとは思うのですが、おすすめな時間帯は日の入りから夜にかけて、です。そうすると夕暮れ時の風景と夜景と両方見ることができます。

marikoevelyn-pari6-5

橋の上でいちゃいちゃするカップル。女性はパリジェンヌかな?

marikoevelyn-pari6-6

パリ市内の色々な観光地をセーヌ川側から望むことができます。

こちらの観覧車はコンコルド広場の観覧車。皆さんカメラにその姿を収めるのに必死です(笑)

marikoevelyn-pari6-7

こちらは進行方向向かって右側に見えるオルセー美術館。

内部も非常にきれいですが外からこうやって眺めるのも素敵。ルーブル美術館もそうですが、美術館自体のスケールも大きいですし、外観がすでに美術です

marikoevelyn-pari6-8

こちらはセーヌ川の真ん中にぽこっとあるシテ島。あの有名なノートルダム大聖堂がある島です。

marikoevelyn-pari6-9

marikoevelyn-pari6-10

シテ島の次に現れる、サン・ルイ島を過ぎてからUターンします。

marikoevelyn-pari6-11

インカメラなので画質が悪いのが残念ですが、、この日は夜、カーディガン着ても涼しいくらいで、さわやかな夜でした。船上で風を浴びながら素敵なパリの風景を見れるなんて贅沢時間です。

marikoevelyn-pari6-12

だんだん日が暮れてきて、オレンジ色の電灯が雰囲気を醸し出します。

セーヌ川にはいくつもの橋がかかっているので、橋をくぐることもしばしば。これもバト-ムッシュの名物でもあるそうです。

詳しい橋の情報はこちらから→★☆★

marikoevelyn-pari6-13

marikoevelyn-pari6-14

インカメラはだめですね~。。画像が、、写真に起こすとボヤボヤ。

marikoevelyn-pari6-15

このバト-ムッシュは先ほどご紹介したサン・ルイ島でUターンし、元の乗り場まで戻ってくるのですが、一度その乗り場を通り過ぎます。通り過ぎて何をするかといいますと、こちら、パリの顔でもあるエッフェル塔を近くから見上げるところまで連れて行ってくれます。

サーチライトが行ったり来たり、そして今回のバト-ムッシュからは見れませんでしたが、前回はこのエッフェル塔がピカピカ光ってるところが9時、10時、11時とちょうどの時間になると5分間見ることができます。

今回はモンパルナスにあるビルからそちらを見ることができたので、こちらはまたの記事でご紹介します。

marikoevelyn-pari6-16

何度見ても、何度写真を撮っても、また撮ってしまうエッフェル塔(笑)

私のカメラロールの中にはエッフェル塔だらけです

marikoevelyn-pari6-17

今回はセーヌ川から見るパリ、バト-ムッシュでのクルーズをご紹介しました。素敵な風景に少しは癒されましたでしょうか~?

今回も最後までご覧下さり、ありがとうございました。

インスタグラム : marikoevelyn

インスタグラムもちょこちょこ更新しています。宜しくお願いします

ブログ村にも参加しております。

ソウル情報、海外食べ歩きの中からお好きなジャンルのイメージをポチッとどうぞ応援宜しくお願いします!!

最近ランキングが上がってきて非常にうれしく思っています。これからも更新頑張りますので、どうぞ宜しくお願い致します。

皆様のワンクリックがブログ更新の励みになります

にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ