みなさん、こんにちは!

今日は朝、ちょっと外出したのですが、秋の爽やか~というよりはもう空気は冷たい、そんな韓国です。そんな中先週末、ソウルを抜け出し、車で3時間半のカンウォンドにある、ソラク山へ紅葉を見に行って参りました♪

まずソラク山の説明を~wiki様より。

【雪岳山(ソラクさん、설악산, 雪嶽山)は、大韓民国北東部の江原道にある山並の総称で、朝鮮半島東部を貫く太白山脈で最も高い部分をなす。日本海側の束草市西部に位置し、雪岳山国立公園に指定されている。北緯37度45分 東経128度29分

雪岳山には花崗岩でできた切り立った峰が連なるが、標高1,708mの大青峰(デチョンボン)が最高峰になる。済州島の漢拏山(標高1,950m)と小白山脈の南端の智異山(1,915m)に次ぐ、韓国第三の高峰である。花崗岩の峰々がいつでも雪が積もったように白く見えるところから雪岳山の名が付いたとされる。】

やはりソウルと違って自然がいっぱい空気がおいしいのです。

混雑を予想して、なんと朝の5時半頃に出発して、9時頃にソラク山についたのですが、なんとケーブルカーの予約したら、乗れる時間が12時35分!!

混雑ぶりがお分かり頂けるかと。。

そんなこんなでケーブルカー乗り場周辺で時間をつぶさないといけなくなったのですが、そこらへん一帯はお寺になっていまして広い敷地が続き、山道もあるので、お昼ご飯を含めて待ち時間はアッという間に過ごせました。

ここは韓国で5番目の国立公園とのこと。ユネスコの指定する生物保全地域となっていて韓国政府が提出する世界遺産の暫定リストにも記載されているそうです。

ではまずそのお寺あたりからご紹介します。お寺の中にお土産物屋さん兼Free teaコーナーがあったのでそこでまずお茶を頂きました。

名物らしいです。こちらの『정혈차』。おばちゃんが私達が外国人だと分かるとすんごい勧めてきました(笑)今回は韓国人、中国人、日本人の私3人で行ったのです。

このお茶は竹のお茶のようですね。

marikoevelyn-sorakusan21

お味は。。。。えーーと。。。

普通。。。。。

すみません、、ちょっと酸味のある感じでした。

でもfree teaでしたので急須で出して頂いたので1杯分はきちんと飲み干してまいりました。

到着してすぐの元気な私たち。3時間待ちでどうしようか考えていた頃ですw

お茶を飲みほし、いざお寺巡り~ってところでまず目についたのがこちらの大仏様。

小さ目ではありましたが、お天気も良かったためおでこの白毫(びゃくごう)がキラキラ光っていてスッキリ綺麗に見えました。

大仏様を通り過ぎ、少し歩いていくと、このような素敵な景色が広がっていました。

川が流れていて、小さな橋が架かっており、空気のおいしさを実感できるようなそんな景色。

橋の上からのぞき込むと川の水も透明で綺麗なお水。流れは結構速かったです。

この標識をみてもらうと分かると思うのですが敷地が結構広いのです。

見るところは本当にたくさんなので全部行ってみようとすると結構時間がかかると思います。

こんな風景も。

この標識を見た時、思わず

『熊注意!』

かと思って焦ったのですが(笑)

『墜落注意!』

でした。早とちりです。まぎらわしいわ

次に続きます~