ソウルのブログ書いてたと思いきや、中国へとんだり、今度はドイツの思い出日記です。

あちこちブログが飛びまくって、読みにくいと思いますが、良かったらTOPページの上部分にテーマごとにまとめていますのでこちらからご興味のある部分を選んで読んでいただけたら幸いです

例えば旅日記ですとtravelにカーソルを合わせていただくと、国別ごとに旅行記をまとめておくようにしてありますので、ぜひブログを読んでいただける際の参考になさってください。

2016-08-19 13;23;43

実はまたこの8月の末から、今度はフランス&イギリスへ向かいます。

前回同様、フランスで開かれる大きな展示会に向かうのが1番の目的。イギリスはヨーロッパに行ったからにはもう一か国くらいいってみようというこちらは遊びが入っております。

その前に前回を振り返りながら、今回向かうのフランス&イギリスの旅行記につなげれるように、正直読んでいただいている皆様には非常に見づらいブログとなりますがお許しください。

さて2月に向かったドイツの旅行記の記事も途中で力尽きておざなりになっておりました。

ドイツから帰ってきてから、ミュンヘンのダルマイヤーという素敵な朝食を頂いたレストランの記事までは書いていたのですが、ミュンヘンで一番外せないメインのところといっても良い

ミュンヘン・レジデンツ(Münchner Residenz

を書いていなかったというズボラさ。

ミュンヘン・レジデンツとは?

ミュンヘン・レジデンツ(Münchner Residenz)はミュンヘンの旧市街北部にある、旧バイエルン王国ヴィッテルスバッハ王家の王宮。現在は博物館や劇場として公開されている。

とwikipediaにもある通り王宮跡です。ですので内装はとても豪華。

ということで久しぶりに2016年2月に行ったドイツ&フランスの時に撮影した写真たちを紐解き、再開していこうかと思います。

まず紐解いた写真の中にレジデンツは動画も撮っていたので簡単に編集してみました。写真で見るよりも動画で見ていただいたほうが豪華感が伝わりやすいかと思います。そして動画で見るよりは実際見ていただいたほうがもっと豪華かと

2分ちょっとですから、ほんの1部です。駆け足でお好きな所までごらんくださいませ。

こちらはバイエルン州立歌劇場

この隣にお目当てのミュンヘン・レジデンツがあるのです。

場所はUバーン オデオンスプラッツ(ODEONSPLATZ)駅から0.5km、徒歩 5分。

Sバーン マリエンプラッツ(MARIENPLATZ)駅から0.5km、徒歩 5分。

のところに位置します。

レジデンツの近くは高級ブティックだったり、ショッピング街に囲まれた位置にあります。マリエン広場からもすぐの位置です。

marikoevelyn-re1

自分で見て回る予定だったのでガイドさんなどはいないので、せめて音声ガイドだけでも、、、っていってもこれ英語なんですねー。

しかもこの虫眼鏡みたいな、不思議な形の音声ガイド。

借りたはいいけど何を言っているかはいまいち理解不能。

だけど王宮です、見るだけでも圧巻な豪華なので、細かい説明が聞けなくても十分目で楽しめます。

marikoevelyn-re2

ムービーにもありましたが、壁から天井まで抜かりない装飾。

いつの時代も黄金は富の象徴です。

この2月の旅はの写真ちは全部iphoneで撮影。

大バカ者です、一眼レフと言わないまでも、持っているミラーレスを持っていけば良かった。

今月末から行くフランス&イギリスはミラーレスできっちり記録する予定です。

marikoevelyn-re11

marikoevelyn-re12

王族が使用していた食器やグラス類などの展示も。

この上にはどんなお料理がのせられていたのでしょうか。想像もできないような豪華なお料理と豪華な人々の生活がそこにはあったのでしょうね。

marikoevelyn-re7

鮮やかなブルーと黄金の天井。

この色合い私個人的にとても好き。ちょっと深みのあるブルーと黄金ってなんだかとっても魅力的な色合い。

marikoevelyn-re4

marikoevelyn-re5

ここは王室専用の礼拝堂

物静かで厳かな雰囲気がする礼拝堂です。

季節と石のせいかひんやり。

marikoevelyn-re6

これ、何かわかりますか?

正解はミイラ。しかも手のミイラ。。

このほかにも子供のミイラや赤ちゃんのミイラなんかもあったりして、もしシックスセンスのあるかたはここは耐え難い空間かもしれませんね。私は幸いそういう感覚皆無なので、ほうほう、と見て回りました。

marikoevelyn-re3

こちらはドイツの食器と言ったらマイセン。

王宮のコレクションの中にも当然マイセンの作品はあります。

実はマイセン地方もこの2月の旅行で行っていて、マイセンの工場も見学しました。マイセンに行くのは計画の時から絶対に外せない、そして行ったからにはマイセン食器を買いたい、と思っていたんです。

そして私も見事マイセンお買い上げすることができました。父、母、妹、私の湯飲み。もちろん安価なコレクションですが

marikoevelyn-re10

レジデンツとカオナシ。

髪の毛が伸びきって、コート来て、まるでカオナシのような私。

今の季節感とギャップがありすぎて見るだけで暑くなる写真をすみません

marikoevelyn-re8

見学することに必死であまり写真を撮っていなかったのが反省ですが、百聞は一見に如かずです。

ドイツのミュンヘンでは必ず行くべきミュンヘン・レジデンツ、行くことがありましたら是非この豪華さを実際の目で見てみてくださいね。

それではまた次回へと続きます。

 今回も最後までご覧下さり、ありがとうございました。

インスタグラム : marikoevelyn

インスタグラムもちょこちょこ更新しています。宜しくお願いします

ブログ村にも参加しております。

ソウル情報、海外食べ歩きの中からお好きなジャンルのイメージをポチッとどうぞ応援宜しくお願いします!!

最近ランキングが上がってきて非常にうれしく思っています。これからも更新頑張りますので、どうぞ宜しくお願い致します。

皆様のワンクリックがブログ更新の励みになります

にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ