皆さまこんにちは、お久しぶりの記事になります。

昨日2週間ちょいのパリ&ロンドンから帰ってまいりました。現地からブログを書きたかった気持ちは山々でしたが、日々歩きに歩いて夜はくたくたでインスタグラムの投稿がやっとなくらいでした。。

ということで忘れないうちに2016パリ&ロンドン記事をじゃんじゃんUPしていこうと思います!

まず今回は8月末~9月上旬というとてもいい気候の中、旅行することができました。半年前にいった時は冬だったのでパリも寒くて、街に彩りが少なかったのですが、今回はお天気にも恵まれ、さらにいい気候も手伝って彩のあるパリを散策することができました。

さて今回はパリで開かれた大きな展示会がメインとは言えどもほとんどが旅行の毎日。以前若かったころはクタクタになるまで遊んでも次の日にはケロッと元気になっていたり、ホテルや泊まる場所がさほど良くないところでも寝るだけ!と割り切ることができていたのです。

しかーし年を取るにつれ、やっぱり寝る環境も大事だなー、と。ビタミン飲んでも疲れやすくなり、さらに疲れが取れにくくなり、少しでも体の休まる環境で休みたいと思うようになってきました。

ということで今回のお宿は2タイプ。1つは実際に人が住んでいるお家を貸し出してくれるairbnbというサイトで探したお家、もう1つは韓国人が経営する民泊家。

Airbnb (エアビーアンドビー)とは?wikipediaに単純明快な回答がありましたので貼り付けておきます。

宿泊施設・民宿を貸し出す人向けのウェブサイトである。世界192カ国の33,000の都市で80万以上の宿を提供している。2008年8月に設立され、 サンフランシスコに本社を置き、非公開会社Airbnb, Inc.により所有、運営されている。

パリに着いた初日から展示会が始まる前日までは前者のairbnbで探したお家で宿泊しました。

こちらが私が滞在したお家。

あの凱旋門から一直線に伸びているシャンゼリゼ通りからちょっと入ったとこにある立地最高のお家!遅くまでシャンゼリゼ付近で遊んでいても徒歩で帰れる素敵な位置。

marikoevelyn-pari1-1

marikoevelyn-pari1-2

marikoevelyn-pari1-6

marikoevelyn-pari1-3

marikoevelyn-pari1-5

こちら1階から上がるエレベーター。かなり旧式で、ドアは2重扉で、なんと手動。扉を閉めたとたんすーっと動き出し、ガタンと泊まり、最初乗った時は恐怖でした(笑)ですが次第に慣れるものです。

marikoevelyn-pari1-10

とにかく何がいいって、まずお湯をはれる湯船があるということ。疲れた体を癒すことができますし、なにより清潔!

パリは2度目ですが、確かに街並みや雰囲気は素敵ですが、道やトイレ、特におしっこの匂いのする地下鉄(おそらくホームレスの方たちが駅でしているのだと思います)など不衛生で不潔な部分を感じ取ることもできるのがパリです。

ですがこのお家は手入れが行き届いていて、管理されているかたもいらっしゃるのでバスルームもお部屋も綺麗にしてありましたし、快適な3日間を過ごすことができました。

こちらが私が滞在したお家から眺めることのできたヨーロッパ、パリっぽい風景。

marikoevelyn-pari1-7

marikoevelyn-pari1-8

素敵なパリ滞在になること間違いなしのこの家の情報はこちらから→Champs-Elysées Triangle d’Or

今回も最後までご覧下さり、ありがとうございました。

インスタグラム : marikoevelyn

インスタグラムもちょこちょこ更新しています。宜しくお願いします

ブログ村にも参加しております。

ソウル情報、海外食べ歩きの中からお好きなジャンルのイメージをポチッとどうぞ応援宜しくお願いします!!

最近ランキングが上がってきて非常にうれしく思っています。これからも更新頑張りますので、どうぞ宜しくお願い致します。

皆様のワンクリックがブログ更新の励みになります

にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ