皆さまこんにちは、いかがお過ごしでしょうか?

今日は

オランジュリー美術館

をご紹介したいと思います。ルーブル美術館やオルセー美術館と比べるとかなり規模が小さい美術館ですが、人気の高いパリの美術館の1つです。

というのも、ここオランジュリー美術館、印象派の巨匠モネの大作「睡蓮」を鑑賞することができるのです。学生時代の美術の授業の時、教科書で誰もが1度は見た、もしくは聞いたことのある作品ではないでしょうか?

その他にもモネやルノワール、セザンヌなどの印象派名作の他にも印象派以降の近代美術への橋掛けとなったピカソやマティス、ゴーギャンなど19~20世紀の名作が中心に展示されています。

まずは簡単なムービーを作ってみたので是非ご覧くださいませ~。

オランジュリー美術館はチュイルリー公園内にあります。写真のような門をくぐり、右手に坂道が見えるのでそこを上るとオランジュリー美術館が見えてきます。

最寄駅はパリ地下鉄の1、8、12号線の交差するコンコルド(Concorde)駅です。

marikoevelyn-pari9-15

外観からしても、ルーブルやオルセーなどの有名美術館に比べるとかなりこじんまりした感じです。

marikoevelyn-pari9-1

セキュリティーチェックを受け、いざ中へ。

marikoevelyn-pari9-2

中は光をたくさん取り込んでいて明るく、開放的な作りになっています。

美術館内部は大きな美術館とちがって長方形型で展示室の並びもあちこち入り組んでなく、非常に見やすいシンプルな造りなので鑑賞しやすいのがありがたいです。

この奥にLes Nymphéasという文字が見えますが、こちらがあのフランスの画家クロード・モネが描いた『睡蓮(Les Nymphéas)』の展示場なのです。

marikoevelyn-pari9-12

楕円形の展示場にモネの『睡蓮(Les Nymphéas)』が湾曲しているような形で展示されています。

写真のように真ん中には眺めれるように椅子が設置してあり、静かな空間で、ゆっくりと鑑賞することができます。

静かな空間で、みずみずしい作品類を見ているとなんだか心が洗われるような不思議な感覚になり、なんだかお寺にいるような気分になります。。

marikoevelyn-pari9-4

marikoevelyn-pari9-3

セルカ棒もありませんし、一人での鑑賞ですので、『睡蓮(Les Nymphéas)』より顔が主役みたいに大きく写ってしまう認証ショット。

marikoevelyn-pari9-14

marikoevelyn-pari9-13

この『睡蓮(Les Nymphéas)』をあとにして、階段を降りますと、地下展示場のそこからはその他の有名絵画の数々が展示されています。

ルノワール

「ピアノを弾く少女」

marikoevelyn-pari9-8

アンドレ・ドラン

『アルルカンとピエロ』

marikoevelyn-pari9-10

ルソー

『田舎の結婚式』

marikoevelyn-pari9-11

などなど、教科書で見たことあるような有名な絵画の数々。

そしてこのオランジュリー美術館のスーベニアショップはセンスがある商品が多いことで有名だそう。私も美術館全体を見終わった後、立ち寄ってみましたが、思わず睡蓮(Les Nymphéas)のコースターを家族分購入してしまいました。

母はちょうどコースターを買おうかと思っていたところだからうれしいわといってもらえてよかったです!

marikoevelyn-pari9-7

marikoevelyn-pari9-7

さて美術館を出ると、そこにはコンコルド広場が広がっています。

コンコルド広場はムービー中でも出てくるように『プラダを着た悪魔』の撮影場所としても有名です。

ちょうど最後ミランダからの携帯電話をぽいっと噴水に捨てちゃいますが、その噴水がこのコンコルド広場の噴水ですね。

marikoevelyn-pari9-17

このオベリスクも有名ですよね。

お天気の良い日に写真を撮ると、上の金色の部分がもっと光って綺麗なはず。

marikoevelyn-pari9-16

『プラダを着た悪魔』のこのシーンがコンコルド広場で撮られたシーンです。よかったらどうぞ。

今回も最後までご覧下さり、ありがとうございました。

インスタグラム : marikoevelyn

インスタグラムもちょこちょこ更新しています。宜しくお願いします

ブログ村にも参加しております。

ソウル情報、海外食べ歩きの中からお好きなジャンルのイメージをポチッとどうぞ応援宜しくお願いします!!

最近ランキングが上がってきて非常にうれしく思っています。これからも更新頑張りますので、どうぞ宜しくお願い致します。

皆様のワンクリックがブログ更新の励みになります

にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ