皆さまこんにちは、いかがお過ごしでしょうか?

韓国はついに零下、マイナスの世界に突入です。毎冬が来る度にこの季節は嫌だ、苦手。。と日本に戻りたくなります(笑)

今日もロンドンの記事をUPしていこうと思いますが、超暑くもなく、全然寒くもなく、ちょうどいい、この旅行中の気候が懐かしい

さて前回からの記事の続きです。

前回の記事はコチラからユーロスターでパリからロンドンへ!

ロンドンのセントパンクラス駅にだいたい10時くらいについて、そこから宿に向かい、荷物を整理したらあっという間にランチ時間がやって参りました。特にこの日はどこでランチする、といった計画がなかったので、宿のオーナーさんに聞いてみたところ、とりあえずたべるんならハンバーガーはどう?とのことだったので、ハンバーガーランチをすることに。

セントパンクラス駅周辺にはマクドナルドやスターバックスなど全世界共通ともいえるブランドもありますし、今回紹介してもらった、

Honest BurgersFIVE GUYS

もあります。

Honest Burgers

はイギリス国産の食材にこだわったバーガーショップだそう。せっかくロンドンに来たわけだし、今日はHonest Burgerにしようと思い店舗の前まで行くと店内で店員のお姉さん2人が暇そうにお話ししているので、ドアを開けて入りました。

すると、お姉さんの1人がこちらに気づき『開店まで15分あるから外で待ってて。今から掃除タイムなの。』と。

なので外で待ちながら店内を見ると、そのお姉さんたち、まったく掃除なんてする気ゼロ。おしゃべりタイムが続いてて、今思えば掃除道具なんて持っていなかったし。。

なんか、、、ビミョー。。あれ、これって、嫌がらせなのか?!

で、前方方向数m先には

FIVE GUYS

が見えているわけですよ。もしかしたら、やってるかもと思い移動したら、人がたくさんお食事しているではありませんか!えいっ!ここで食べちゃおう!ってなわけで、アメリカブランドですがロンドンでの初食事はFIVE GUYSとなりました。

marikoevelyn-london2-12

結果的には

FIVE GUYS

にして大正解!店員さんは優しいし、掃除係の店員さんが巡回していて店内はすごく清潔。

Honest Burgersの出来事はたまたまかもしれないですし、店舗にもよるでしょうし、Honest Burgersを批判しているわけではありませんのであしからず。次機会があればHonest Burgersも行ってみたいと思っています。

FIVE GUYS

は、アメリカでは東のFIVE GUYS、西のIN-N-OUTと言われるほどの有名ハンバーガーチェーン店だそうです。まだ日本には上陸していないようです。ここの特徴は、店舗に冷蔵庫はあっても冷凍庫は無く、冷凍肉など全ての材料で一切冷凍は行っていないこと、フライドポテトももちろん冷凍ではなく、揚げる際にはピーナッツオイルのみを使用しているという点です。

店内にもこのようなパネルが掲げてありました。

marikoevelyn-london2-9

オーダーカウンターはマクドナルドなど一般的なファーストフード店と同じような雰囲気。

marikoevelyn-london2-1

写真では伝わりにくいのですが、厨房の中にはたくさんの方が働いていて、活気があって、なんとなくこの場にいるのにわくわくしました

marikoevelyn-london2-2

そしてここのもう一つの特徴は、トッピングが無料で自由に選べるということです。

コチラがメニューになるのですが、バーガーを選んだあと、下のALL TOPINGS FREEからトッピングを自由に選べます。

最初、全部って言ったら、店員のお姉さんに笑われながら『Are you sure??』と言われちゃいました(笑)で、よく考えたら、マスタード苦手なのでマスタードを抜いてもらい、あとピクルスとRELISHが似たようなものだったので、どちらかだけ抜いてもらってオーダーしました。

ちなみにALL THE WAYと注文すれば黒色で書かれたトッピングをそのままのせてくれるそうです。

marikoevelyn-london2-3

しばらくすると、ナンバーが呼ばれ、取りに向かいました。

私はチーズバーガーに先ほどのトッピング

ボリュームたっぷりのバーガーはやっぱり冷凍のパテじゃないぶん、やっぱりすごくジューシ&食べごたえ満点そして作り置きしていないフレッシュ感があります

そして何も書かれていないアルミホイルに包まれていて、エコですね。

marikoevelyn-london2-4

marikoevelyn-london2-5

そしてこのポテトがまたおいしい!よく見ると皮がついているんですよね。

最初に紹介した通り、ここのポテトはピーナッツオイルで揚げていて、いつも食べるフレンチフライの脂っこさというかしつこさが少ないように感じました。写真見るとまた食べたくなる。。

で、最初オーダーしたときにポテトは1度リフィル可能と聞こえたようだったのですが(どうやら聞き取り間違いだったようです)、リフィルもらいにいくとポテトはリフィルできないよと言われ、ダメなんだと思っていたら、店内を巡回中のおそらくマネージャークラスと思われる男性店員さんが『本当は出来ないけど、今回は特別にいいよ。』とおっしゃってくれ、しかも1回目とは違うテイストのフレンチフライをたんまり持ってきてくれたんです。感動

ちなみにフレンチフライはこの紙コップからこぼれるほどの量で後ろに写りこんでいるベージュ-の袋に入ってやってきますので、大量です。

marikoevelyn-london2-7

そしてまたこのドリンクコーナーのこのマシーン!

ドリンクの豊富さがすごいです。そもそも日本ではリフィル自体ができないイメージが多くて、韓国はだいたいリフィルはできるけど、注文時にコーラでいいですか?って割と限定的に聞かれることが多くて、ここまで選択肢の多いドリンクコーナーは初めて見ました。

ロー・ノーカロリ、カフェインフリー、フルーツフレーバーなど色々な種類があります。

marikoevelyn-london2-14

この画面からさらに進んでいくと、コーラもチェリー味とか、それはたくさん出てくるので迷いすぎて後ろの人に迷惑をかけてしまいました

marikoevelyn-london2-15

最初のオーダーで女性の店員さんが親切にそして面白く対応してくれて、ハンバーガーとフレンチフライおいしくて、フレンチフライのリフィルの店員さんの神対応と、ロンドンでの初ご飯がすごく好印象になりました。

ジューシーなハンバーガーを頂き、ご満悦なわたくしでございます。

marikoevelyn-london2-6

これも

FIVE GUYS

の特徴だそうです。無料のピーナッツ。

marikoevelyn-london2-8

そして大量に積まれた、新鮮さをアピールするじゃがいもの袋。

marikoevelyn-london2-10

入った時はちらほらだったお客さんもランチタイムになるとたくさんの人であっという間に埋まりました。

そういえばここ、ミルクシェイクも有名なようでたくさんの方が購入されていました。女性が好きそうなミルクシェイクですが、男の人も結構買っていたのでおいしいのでしょうね、次に行く機会があればこのミルクシェイク是非試してみたいです!

marikoevelyn-london2-11

ロンドンでまさかのアメリカのFIVE GUYSが初食事となってしまいましたが、日本にもまだ未上陸のハンバーガー屋さんですし、店員さんたちの粋な計らいもプラスされ素敵なランチタイムとなりました

ロンドンのスタートは好調です!

2016年9月のパリ旅行記はコチラよりご覧になれます。ぜひチェックしてみてください。

インスタグラム : marikoevelyn

インスタグラムもちょこちょこ更新しています。宜しくお願いします

ブログ村にも参加しております。

ソウル情報、海外食べ歩きの中からお好きなジャンルのイメージをポチッとどうぞ応援宜しくお願いします!!

最近ランキングが上がってきて非常にうれしく思っています。これからも更新頑張りますので、どうぞ宜しくお願い致します。

皆様のワンクリックがブログ更新の励みになります

にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ

#イギリス #ロンドン #ヨーロッパ #旅行 #fiveguys #旅行記 #marikoevelyn #ファイブガイズ #london #travel #おすすめレストラン