皆さまこんにちは、いかがお過ごしでしょうか?

さて今日は韓国グルメの記事でお送りしようと思います。

先週の日曜日に在韓のお友達と超がつくほど久しぶりな韓国料理、

곱창(コプチャン)

を食べに行ってまいりました!

さて곱창(コプチャン)、日本人にももうかなり広く知り渡っている韓国料理だとは思うのですが、ご存じない方、何ぞやという方にご説明すると、

牛の小腸

になります。日本語でいう所のいわゆるホルモンですね。そのコプチャンを鉄板の上で玉ねぎやニラなどと焼き炒めて食べるのですが、

あのコプチャンのじゅわーっとしたちょっとこってり系の油とニラや玉ねぎなどのさっぱり野菜との相性が最高で、一度食べたら忘れられない、また食べたくなるのがコプチャンです!!

今回いったお店は、学生の街、신촌(新村・シンチョン)にある

곱창이야기(コプチャンイヤギ)

こちらは一緒に行ったお友達に教えてもらったお店。というのも今回のコプチャン、私が食べたい!と言い出したのにも関わらず、実は周りにコプチャンが好きという方があまりいないので美味しいお店を知らなかった私。

お友達はお肉よりお魚が好きな方なのですが、旦那様がこういうお肉やコプチャンがお好きなようで一緒に食べるうちにお肉もたべるようになったとのこと。そしてコプチャンも色々なところで食べたけどここがおいしいよ~そして割とキレイ目だよ~ということで教えてくれました。

marikoevelyn-kop1

まだ18時過ぎだというのに、もうすでに満席。

곱창이야기 신촌점(コプチャンイヤギ新村店)は学生街だけあってお客さんの層の平均年齢はかなり低め。さらに働いているアルバイト君たちもまだ高校生かな?という感じで若い若い(笑)

お客様は神様、という言葉は恐らく知らないであろう、韓国らしい接客ですこれも韓国らしさということで(笑)

marikoevelyn-kop2

席から斜めにメニューがあったので見にくいのですが、まず私たちは

곱창모듬(コプチャンモドゥム)

をオーダーしました。モドゥムとは盛り合わせのことで、3種類くらいのホルモンが入っていました。

オーダーするときはかならず2人前からの注文になります。

marikoevelyn-kop15

主役を待つ間、色々と運ばれてきました。真ん中でぐつぐつしているスープはチゲなのですが中にコプチャンが入ってて、コプチャンからなのかダシが効いてて、さらにピリピリと辛く、病みつきになるお味。

辛い~辛い~といいながらスプーンが止まらない。。

そういえばほかの方のブログを見ていると生レバーとせんまいが出てきてたようですが、今回はなかったなぁ

marikoevelyn-kop3

このニラはそのまま食べるのではなくて、主役の곱창모듬(コプチャンモドゥム)が出てきたらその鉄板の上で一緒に焼き炒めます。

marikoevelyn-kop6

今回のコプチャンのお供に매화수(メファス)。

漢字で書くと梅花酒。その名の通り梅酒のように甘めでまろやか、でもアルコール度数がたしか14度ですからそこそこ強いですよね。

私のようにお酒の弱い方にもおすすめですが、甘いからと言って飲める飲めると調子に乗って飲むとなかなか後からきます

marikoevelyn-kop4

コプチャン待ちのお友達

marikoevelyn-kop7

きゃーーーーついに来ましたー!!!!!

この곱창이야기(コプチャンイヤギ)、何が有名かというと写真で見えますでしょうか?何か粉らしきものがふりかかっているのを。

これがさらにコプチャンをおいしくしてくれる魔法の粉なんだとか。チーズのような、ガーリックのようなお味がします

が、しかーーし、ここであれれ???

お友達が気づきました。。

あれ???いつもあるお餅がない???

どうやらいつもはお餅がのっているようです。で、ここはすかさず若い店員さんの中でも御一人だけおばちゃん店員さんがいらっしゃったので、お友達がそのおばちゃん店員さんへ聞いてくれました。

『今日お餅はないんですか?』

すると、おばちゃん店員さん、

『売り切れちゃったのよー』

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。ちーーん。。。。。。。。。。。。

ってかまだ18時よ、18時。

しかも日曜日。。人たくさん来るでしょうよ。。きちんと見越して仕入れてケロ

marikoevelyn-kop8

でもでも気を取り直して、せっかくだからおいしく頂きましょうよ

すでにある程度調理してある状態で出てくるとは言うものの運ばれてきたら自分たちでさらに炒めます。その時に先ほど紹介したニラを一緒に投入。

お友達が手際良く混ぜ混ぜしてくれています

いつもは旦那様がやってくれるそうです。やっぱりこういう仕事は韓国では男の役目なのですね~。

marikoevelyn-kop9

お腹ぺっこりんな私、そしてお友達はこのくらいでいいのかな~?どのくらい炒めたらOKなのかいまいちわからないので、またおばちゃん店員さんにもう食べて聞いてみると、

『まだまだよ(笑)』

と、トングで上手に炒めてくれて、笑われる始末(笑)結局食べごろのサインってどのくらいなのかタイミングいまいち掴めず。

日本から友達を連れてきても、食べごろGOサイン出せる自信ありません(笑)修業が必要です。。

marikoevelyn-kop11

marikoevelyn-kop10

あとはもう食べるのに夢中。。ということでお食事中のお写真はありません。あしからず

このコプチャンはこちらの写真の一番手前にある青唐辛子が入っているタレにつけて頂きます。タレ自体は青唐辛子が入ってますが至って甘いのでご心配なく。

この体には、、、少々悪いような、、、でも、、じゅわわーんとした、、脂がのったコプチャンが、、、

はぁ~、、、おいしい

しばらくおいしく頂いた後、トイレに立ちました。トイレはきれいでも汚くもないので、そして店内になるので便利です。

韓国は鍵を持って行って違う建物のトイレに行かなきゃいけなかったり、外にあったりすることもあるのですが、寒い日にはこれがまた面倒くさいんですよね(笑)その点、店内にあるのは嬉しいです。

戻ってみると。。。

おぉーお餅がー!!あれー!売り切れじゃなかったのか!?

お友達に聞いてみると、私たちのテーブルだけでなく、他のテーブルにも配り始めたとのこと。

これ、マジうまですお友達が最初お餅ないのか?と聞いてないと言われた時、友達ががっかりした気持ちが分かりましたよー!これは絶対に食べるべきお餅。

あの魔法の粉と揚げた感じのお餅がおいしい。外がカリっとしてて、これはまた食べたい一品です。

marikoevelyn-kop13

陽気になってセルかとか撮ってみたり

marikoevelyn-kop14

2人分の곱창모듬(コプチャンモドゥム)だけではお腹いっぱいにならず、追加で소곱창(ソコプチャン)一人前を追加しました。

ここまでくると割と胃もそろそろ、、な感じになり、本当はこのあと볶음밥(ポックンパプ)、つまり韓国風焼き飯を食べたかったのですが今回は久しぶりのコプチャンだったので胃がギブアップしてしまい、泣く泣くあきらめました。

次こそは食べるぞー!!

 

私は一人暮らしということもあって、外でご飯食べたりするときは1人で入れるようなお店に入ってしまい、そうすると割とお店が限定されてきます。

そして在韓のお友達とごはんを食べに行くときは、こういうザ・韓国的なところよりも今話題の新しい綺麗なレストランだったり、韓国で女性に人気のレストランだったりと割と近代的なお店に行くことが多いのです。

ですので、こういうザ・韓国的なメニューをザ・韓国的なお店で食べるのもたまには楽しくて、おいしいなぁと感じた夜でした。

たくさんしゃべって、たくさん食べた、大満足の休日となりました。

【コプチャンイヤギ 新村店】

住所→ソウル特別市 西大門区 滄川洞 33-46/서울특별시 서대문구 창천동33-46

電話番号→02-332-1289

最寄駅→新村駅2、3番出口

 

今回も最後までご覧下さり、ありがとうございました。

インスタグラム : marikoevelyn

インスタグラムもちょこちょこ更新しています。宜しくお願いします

ブログ村にも参加しております。

ソウル情報、海外食べ歩きの中からお好きなジャンルのイメージをポチッとどうぞ応援宜しくお願いします!!

最近ランキングが上がってきて非常にうれしく思っています。これからも更新頑張りますので、どうぞ宜しくお願い致します。

皆様のワンクリックがブログ更新の励みになります

にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ

#韓国 #ソウル #韓国料理 #コプチャン #コプチャンイヤギ #marikoevelyn #新村 #곱창 #곱창이야기