皆さまこんにちは

今日は、

香港最古の道教のお寺『文武廟(Man Mo Temple)』

をご紹介したいと思います。たまたま、中環(セントラル)のSOHO(ソーホー)地区を歩いていた時に文武廟(Man Mo Temple)の行先案内表示板を見かけて行ってみたところ、なかなか素敵なお寺だったのでムービーを撮ってみました。

短いムービーですのでどうぞ

先ほど『行先案内表示板を見かけて』と書きましたが、ここで1つ注意です。

この行先案内表示板ですが、この案内板通どおりに進んでいったら全く別の方向へ行ってしまったんです。

なぜかと考えてみたら、この案内表示板、車用だったんです。車道が一方通行のため、迂回させられるルートだったんです。徒歩で行かれる方は写真を撮り忘れてしまったのですが、ピンク色の文武廟(Man Mo Temple)への案内表示板にまどわされることなく、注意して、google地図などを参考にしていかれることをおすすめします。

さて案内表示板に惑わされながら?!も無事到着。ん?こんなところに?と思うくらいひょっこりと現れます。

お寺の数m前からお線香の香りが漂っておりました。

文武廟(Man Mo Temple)は香港最古の道教のお寺です。

このお寺は文神と武神が祀られています、つまり学問の神様と武道の神様ということですね。学生でもなく、武道を極めているわけでもない(笑)私にはあまり関係のないお寺ではありますが、香港島の中心にある行きやすい観光地ということで行ってきました

中に入ってみると渦巻き円錐型の帽子みたいなのが吊るされていました。んん??これは何だろうと思ったら、これが

お線香

このお線香、1本が燃え尽きるまでに約3週間から1ヶ月はかかるそうなのです。

お昼14時過ぎくらいに訪れましたが、観光客がうじゃうじゃというわけでもなく、地元の方もちらほらで非常に見物しやすかったです。

地元の方かと思われる方が熱心にお祈りされていました。

調べてみると、香港では「お願いをしたらお礼に来なければいけない」と言われるほど、お礼参りを大事にしているそうです。

お寺内には無料のお線香が置いてありました。

環境のために3本まで。

せっかく来たので3本私もお線香をあげさせてもらいました。

これお線香台の前においてあったもの、なんだかお分かりになりますか?これ占いの1つなようです。

入口のところで若い子達がこの赤い道具を床に投げつけて、占っていました。投げつけたときに床でどういう形になるかで占っているのかなぁ、、

香港の繁華街は人が多く、わいわいガヤガヤしているところが多いのですが、ここ文武廟(Man Mo Temple)、お寺自体はとても小さいですが、静かでとても落ち着く場所でした。

観光しやすい場所に位置しやすく、お線香の香りもなんだか懐かしくて、香港おすすめのお寺です。

香港旅行に関する記事はコチラよりご覧いただけます。

インスタグラムもちょこちょこ更新しています。宜しくお願いします

インスタグラム : marikoevelyn

ブログ村にも参加しております。ポチッとどうぞ応援宜しくお願いします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ