江原道オピニオンリーダーの一員、MarikoEvelynと申します

江原道(カンウォンド)といったら皆さまは何を思い浮かべますか~?私は、、そうですね、春川のタッカルビ、、タッカルビ、、。冬のソナタ、、ヨン様、、自然が多い?、寒い、、冬季オリンピック?くらいでした

でも今回この江原道オピニオンリーダー取材旅行を経て、いろいろなカンウォンドを知ることができましたよ!でも、いきなり旅行記ってのもあれなんで、まずは江原道についてちょいと知ってみませんか?

色が塗られている部分が江原道(カンウォンド)になるのですが、江原道は7市11郡からなっています地図で見ても分かる通り向かって右側は海(東海)なので夏には海水浴、そして冬には多くの雪が降るためスキー場と、韓国の中では済州島と同じくらい観光休養地となっていますもちろん今回海もばっちり行ってきました~

 

※地図は韓国観光公社様よりお借りしました

このクマちゃん、江原道の代表キャラクターの반비(バンビ)

江原道の象徴動物である月の輪熊(반달가슴곰,반달곰)がモデルでバンビの名は未来に、世界に、統一に飛翔する月の輪熊という意味を持っているそうです。

クマなのになぜかバンビ。。バンビと言ったら鹿を思い出すのは私だけでしょうか?ま、でもこのバンビ可愛いから許すとして。。でもお母さんには若干おっぱいが。細かい演出

 

この他にもおもしろキャラクターいるんですね~!タッカルビで有名な春川(チュンチョン)、見てみましょう!春川(チュンチョン)といえばタッカルビだけじゃなく、冬ソナのロケ地としても知られているナミソムがあったりと何かと日本人にもなじみのある場所じゃないかなーと思います。

実は春川にも明洞(ミョンドン)という地名があるんですよ~そこでも冬ソナの撮影が行われたそうです。さぁ、行きますよ、春川(チュンチョン)のキャラクター。

ご紹介します、こちらの方は호반이(ホバンイ)え。。これは何だ。。アメーバみたいな。。

きちんと調べてみました。由来はこうです。春川と言ったら思い浮かぶ清らかで美しい湖、水のイメージを連想させるこのキャラは水の清い感じを子供の無邪気さを持った妖精で表現したそうです。ほうほう。。

 

もう二方、春川にはキャラクターがいるんですね~!次の方々はこちら!

特に鶏さん。左手にはご自分のお肉を持ち、となりのどんぶりの上にはご自身のお子さんが乗ってる、なんともアイロニー全開なキャラクター。。

ちなみに左のどんぶりさんはマッククス、右の鶏さんはタッカルビをイメージしているそうですお名前は出てきませんでした。

 

続いては原州市(ウォンジュ市)こちらの市、実は観光スポットがあまりありません。その代わりに今回の取材旅行でも立ち寄りましたが、企業都市事業として2013年に医療機器総合支援センターが完成し続々と医療機器企業が入ってきて、現在誘致に力を注いでいる場所となります。

この医療機器総合支援センターについてはジャヨンミさんがブログを書かれているので参考になさってくださいね→韓国コスメ イヤギbyジャヨンミ

そんな原州市(ウォンジュ市)のキャラクターはこちら。またまた鳥さんです。こちら、お名前を上の子を꿩돌이(クォンドリ), 下の子を꿩순이(クォンスンイ)といい、日本語でいうとキジ太郎とキジ子みたいなかんじでしょうか?普通な感じです(笑)

 

続いては江陵市(カンヌン市)江陵市(カンヌン市)といえば私は海を思い浮かべますね~

경포 해수욕장(鏡浦海水浴場)は東海岸の中でも最も体表的な海水浴場。水も綺麗で砂も非常に細かく夏休みには1日50万人が訪問することもあるそうです。今回はこちらでボート体験(めーっちゃ怖おもろい)をしましたよ~!こちらはまた記事にいたします。

そんな江陵市(カンヌン市)のキャラクターはこちら。先ほどまでのゆるキャラから一気に堅っ

江陵出身の허균(ホギュン)という方によって1612年執筆された小説<洪吉童伝>の主人公がキャラクターだそうです。左上は孫悟空、上段真ん中は浦島太郎ではなかろうか??と錯覚してしまう(笑)この<洪吉童伝>をベースに作られたのが、ドラマのホンギルドンとのこと

 

それでは全部の郡、市を紹介すると長ーくなってしまうので、最後に2018年に冬季オリンピックが開催される地として有名な、平昌郡(ピョンチャン郡)

さすが冬季オリンピック開催地、冬に雪が非常に多く降りマイナス30まで温度が下がることもある地域。雪質が良くウインタースポーツに向いていて、韓国1,2位の規模のスーキー場が集まっています。そのほかにも今回訪れた、삼양목장(三養牧場)などがあります。平昌郡(ピョンチャン郡)のキャラクターはこちら!눈동이(ヌンドンイ)、そうですね、日本語で表すと丸雪太郎みたいな??(笑)今回紹介したキャラクターの中ではいちばんゆるキャラに見えるし、一番キャラクター的にしっくりくる感じがホッとしました

 

なんて言ったって7市11郡あるのでまだまだいっぱいいるのですが、今回は主に私たち江原道オピニオンリーダー取材旅行で訪れた地域のマスコットキャラクターを紹介してみました日本のふなっしーやくまもん、ひこにゃんとかとはまた一味違う韓国のキャラクターを勢ぞろいさせるのも面白いかもしれませんね

せっかくですから集合のみさせておきますお好みはみつかりましたか(笑)??

 

韓国江原道の公式ブログはこちら(下のバナーをクリック☟)

IMG_8384

江原道オピニオンリーダーのメンバーはこちら☟(お名前をクリックしていただくとブログへリンクします

韓国コスメならこの方といっても過言ではない韓国コスメイヤギの『ジャヨンミさん

梨大のphotofixという写真館をされているおもしろい私のツボ『ナホさん

コリアトラベルにお勤めで建築物・建造物にお詳しいマチノアルキ・韓国アート散歩の『マチノさん

最後までご覧くださりありがとうございました

インスタグラム : marikoevelyn

インスタグラムもちょこちょこ更新しています。宜しくお願いします