みなさん、こんにちは。

韓国は朝晩涼しくなってきてすっかり秋のような気候となりました。

さてさて今回は日本の味の代表ともいえる、お刺身やお寿司、海鮮丼がおいしく頂けるお店の紹介をしたいと思います。

場所はソウルの地下鉄2号線にある駅

상수역(サンス駅)の1番出口

から徒歩約5~10分くらいのところにある

스시정(寿司ジョン)

というお店になります。

お店の外観は下の通り木造風で寿司の提灯が垂れ下がっており日本風な感じです♪

待ち用のイスも用意されていることからも分かるようにひそかな人気店のようです。

日本語で『寿司』って書いてある提灯がぶら下がっています~。

『초밥전문점』とはお寿司専門店との意味。

中に入るとこのようなカウンターの席と後ろにはテーブル席が用意されていますが、全体的にはこじんまりとした雰囲気。

カウンター席が日本風でどことなく懐かしい感じがします。

このように日本のお酒が並んでいました。

がんばれ父ちゃん、韓国で良く見かける日本のお酒。

私はお酒にあまり詳しくないので良く分かりませんが、これって日本でも有名なお酒なのでしょうか…?

さーーて、いよいよ注文した회덥밥(海鮮丼)がやって参りました!

実はこの회덥밥(海鮮丼)なんですが、

7000원 (約730円くらい) なんです!!海鮮も結構たくさん入っていますし、お得感満載なこちらのどんぶり。

회덥밥(海鮮丼)をズーム☆

のり、お野菜、たまねぎ、にんにく、青唐辛子、海鮮。。

青唐辛子はちょっと怖かったので少々抜かせていただきました。

まずは一緒に出してくれる温かい白ご飯をこちらのどんぶりにポコッと移します。

韓国はお刺身や회덥밥(海鮮丼)を食べる時に、日本でつけるお醤油とは違い、チョジャンというコチュジャンにお酢を加えたような甘辛い調味料で食べるんです。

ですのでこちらも同様회덥밥(海鮮丼)の上からチョジャンをかけます!

そして韓国式の食べ方です。まぜまぜします。

チョジャンもお野菜も海鮮もまぜまぜして食べるんです。ビビンパのようになるんですが、これがまたおいしいんですよ~!

私は辛すぎるのは苦手ですのでチョジャンも割と少な目にしますが、韓国人の友達のを見てみるとチョジャンたっぷりで丼が赤~くなってました(笑)

そうそうカウンターにはちゃんとガリもありましたので、脂ののった海鮮とガリの組み合わせがまーーたたまらない!!

こちらがメニュー表の一部です。

一番上の생선회덥밥(海鮮丼)がおすすめです。

こちらがお店までの行き方の地図になります。

2号線のソンス駅1番出口を出て、道なりに行きます。一番最初の曲がり角を右に曲がりそのまま直進します。

直進するとロッテリアが見えますがそのまままだまだ直進すると右手に見えてきます。

韓国でおいしい海鮮丼が、手軽に、雰囲気も良く食べれるお店の紹介でした♪