皆様こんにちは、いかがお過ごしでしょうか?

韓国はいよいよマイナスの季節が到来窓だらけの私のお部屋はオンドルなしでは寒い寒い

さて、前回の記事の続き、

在韓日本人ネットワークブログ記者団第3期のラスト旅行

『韓国100景第1位の聞慶セジェ浪漫の道と名匠の焼き物に触れる旅』

で行って参りました聞慶セジェについてご紹介したいと思います

ランチした後の良い運動になるかと思います。今回訪れた季節はちょうど紅葉時期と一致していて、あちらこちらに赤いモミジや黄色く色づいた木々、鈴なりの柿などがさらに雰囲気を増させてくれました。

marikoevelyn_mu21

『古道博物館』からスタート。

marikoevelyn_mu22

中から何やら音がするなぁと思っていたらアジュンマ達がアリランを歌いながら糸紡ぎだったりポコポコ叩いていたり。

アリランって皆様おそらく聞いたことある韓国の歌ですよね?

marikoevelyn_mu23

そもそも聞慶セジェという場所はどういうところかといいますと、聞慶(ムンギョン)セジェ道立公園は鳥も飛んで越えるのが難しい険しい山にある三つの関門がある公園です。

この厳しい関門を超えて科挙試験を受験しに行ったりするので、そういったときにあの有名なアリランを歌いながら関門を越えたそうなのです。

アリラン

1、アリラン アリラン アラリヨ
アリラン峠を越えて行く
私を捨てて行かれる方は、
十里も行けずに足が痛む。

2、アリラン アリラン アラリヨ
アリラン峠を越えて行く
晴れ晴れとした空には星も多く、
我々の胸には夢も多い。

3、アリラン アリラン アラリヨ
アリラン峠を越えて行く
あそこ、あの山が白頭山だが、
冬至師走でも花ばかり咲く

そして聞慶という地名、科教試験を受けた結果を峠を越えて来た 子弟から最初に聞く土地になるわけで、喜ばしい知らせを聞く土地という意味で、聞(く)慶(ばしいことを)=聞慶

こんな感じで厳しい峠を越えたのでしょうか。

marikoevelyn_mu25

こちらは朝鮮最高の旅行記ですって。こういう時代に旅行記があったんですね。

marikoevelyn_mu26

さてこの博物館を後にし、先へと進んでいきます。

なんとなく上高地のような、なんていうんでしょうか、澄み切った空間が広がり始めました。この日はあいにく曇り空でしたので写真にもどよんとした感じで写りこんでしまいましたが、お天気の日には青空が広がり、もっと素敵な風景になるのではと思います。

marikoevelyn_mu27

 この後いよいよ聞慶セジェの第一関門見学と聞慶セジェKBS撮影セット場へむかいます。

「昔の道博物館 情報」

■住所:慶尙北道 聞慶市 聞慶邑 セジェ路 944(경상북도 문경시 문경읍 새재로 944)

■電話番号:054-550-8365

■アクセス:

①東ソウル総合バスターミナルからバスに乗り、聞慶公用バス停留場で下車。(約2時間10分所要)。

②タクシーに乗車し美術館へ(約10分所要)

■ホームページ:http://oldroad.gbmg.go.kr/open.content/ko/ 

もう一度JTBさんの韓国100景第1位の聞慶セジェ浪漫の道と名匠の焼き物に触れる旅のURLも載せておきます。

韓国100景第1位の聞慶セジェ浪漫の道と名匠の焼き物に触れる旅。

最後までご覧くださりありがとうございました。

2015ブログ記者団バナー

在韓日本人ネットワークのブログ(http://ameblo.jp/ktojapannetwork/
在韓日本人ネットワークのフェイスブック(https://www.facebook.com/japannetwork

インスタグラム : marikoevelyn

インスタグラムもちょこちょこ更新しています。宜しくお願いします

ブログ村にも参加しております。皆様のワンクリックがブログ更新の励みになります宜しくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ
にほんブログ村