皆さまこんにちは、いかがお過ごしでしょうか?

今日は前回の続き()、在韓日本人ネットワーク第4期ブログ記者団発足式の時に訪れた韓食展示館&K-Style hub見学をアップしたいと思います!

前回は韓食展示館のお料理教室の様子をお伝えしましたが、その後韓食展示館&K-Style hub見学ツアーがありました。

まず前回のお料理教室ができる韓食体験広場はK-Style hub 韓食文化館4Fに位置します。その4Fから3Fに降りると

①季節と季節ごとの風習

②発行と貯蔵の科学

③韓食から学ぶ知恵

という3つのブースからなる展示場があります

こちらがエントランスにあるインフォメーションデスク。

入口そばには大きな文字で

한식(韓食)

の文字が

韓国を代表するキムチやコチュジャンなどの発酵食品には健康を考えた韓国人の長年の知恵が詰まっています。こちらの展示場ではそういった韓国を代表する食材が色々な方法で紹介されています。

こちらのエントランスをくぐり抜けてスタートします。

向かって左側には四季折々の行事に食べる韓国料理が紹介されています。

ちなみにガイドさんもいらっしゃいましたが、お顔NGとのことですので写真は載せておりませんが、約20分ほど歩き回りながら日本語で説明してくださいました。

向かって右側には二十四節季物語が描かれています。

こちらは水盤 水を抱く器というもので、有名な作家さんの作品だそうです。

ぽつっと一滴水滴が垂れると、こんな水の輪が芸術的に広がり、作品として見せてくれます。

さて水を抱く器を横目に見ながら進んでいくと、

韓食の食材テーブルが見えてきました。

こちらからは韓国食材によくみられる、発酵して熟成させるということをテーマに展示がされています。食材を発酵させるというのは自然の産物に有益な菌を加えてじっくりと発酵させると食品の栄養が高まるのです。

韓国食の発酵に欠かせないものがこちら

ハンアリ

以前ブログ記者団3期でピョンチャンとカンヌンへ行ったときにたくさんのハンアリを見たのを思い出しました

このハンアリと呼ばれるツボの中でコチュジャンやテンジャン(味噌)ができるわけですね.

このハンアリには2つの重要な役割があります。

まず1つめはこちらに書かれてある

저장(貯蔵)

昔の韓国の人々は、食品を保存するために素焼きの壺を貯蔵庫の代わりに使用してきました。土の中に含まれる多くの砂が素焼きの表面に微細な空気穴を作り、外気を取り入れ、内部の湿気を外に排出することにより、壺の中の食品が長い間新鮮な状態を保つことができます。

自然の土と水と火をもって作られ、自然の属性を失わず、優れた通気性と浄化能力を持つ壺は韓国では『呼吸する器』とも呼ばれているそうです。

2つめの役割は

발효(発酵)

昔の韓国の人々は食品を壺に入れ、時間をかけて発酵させることで食品の味と香りをより引き立たせました。発酵とは、微生物の持つ酵素を利用して有機物を分解する過程のことを言います。

この効能は短時間で得られるものではなく、外部環境によって微妙にその風味と栄養素が変わるため、実に手間のかかる過程であります。発酵は自然と時間が作り出したものと言え、その熟成された深い味わいと豊富な栄養を考えると、発酵とは昔の韓国の人々の魂が込められた科学といえます。

そういえばこのハンアリの周りにくるくるまいてある縄やトウガラシ、これは魔除けだそうです。

こちらには韓国料理に使用されるありとあらゆる食材が入っている箪笥みたいな展示物。

真ん中にかかしも立っていてなんだかかわいい

今回は韓食展示館&K-Style hubの3Fフロアをご紹介しました

ツアーはこの3Fから2Fの観光センター、そして5Fのアートマーケット館へと続きました!またブログにアップしたいと思いますのでお付き合いくださいませ。

今回も最後までご覧下さり、ありがとうございました。

在韓日本人ネットワークのブログ→http://ameblo.jp/ktojapannetwork/

在韓日本人ネットワークのフェイスブック→https://www.facebook.com/japannetwork

インスタグラム : marikoevelyn

インスタグラムもちょこちょこ更新しています。宜しくお願いします

ブログ村にも参加しております。最近ランキングが上がってきて非常にうれしく思っています。これからも更新頑張りますので、どうぞ宜しくお願い致します。

皆様のワンクリックがブログ更新の励みになります

ソウル情報、海外食べ歩きの中からお好きなジャンルのイメージをポチッとどうぞ宜しくお願いします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ

<K-Style hub>
■住所:ソウル市 中区 清渓川路 40(서울특별시 중구 청계천로 40)
■電話番号:02-6053-7177
■アクセス:地下鉄1号線「鐘閣駅」5番出口から徒歩、または地下鉄2号線「乙支路入口駅」2番出口から徒歩
■開放時間:午前10時~午後 6時(毎週火曜日休館) 
      ※2階の観光案内センターは、午前9時~午後8時 運営(年中無休)
■入場料:無料。料理体験教室は、1人33,000ウォン/55,000ウォン/132,000ウォンコースあり
■日本語解説:3階韓食展示館は12:00~/17:00~(30~40分所要)