皆様こんにちはいかがお過ごしでしょうか?

1週間ちょっとの楽しい日本滞在ももう今日で終わり。ちょっとさびしい気がしますが、また明日から韓国です

さてこの1週間で面白かった出来事の中にこの

『POLA最高峰ブランド新B・AモニターVOICE PROJECT』

というものがありました。POLAってよくCMで聞いたことのあるブランドでしたが、今まで一度も使用したことがないブランド。どんな感じなのかな?と疑問に思い、こちらのイベントに参加したところ当選しました

まず今回モニターするB・Aを店頭にて頂き、そちらを実際に使用したあとの先日行われたVOICE MEETINGいわゆる座談会に参加してまいりました。

こちらがそのPOLA最高峰ブランドB・A

POLAさんの説明によりますと、BAとはブランド誕生以来30年にわたりバイオアクティブ理論を提唱しておられ、これは商品名の由来『バイオアクティブ(BA)』にもなっているとのこと。肌の若々しさの決め手となるハリ・弾力のポイントは肌の深くにある真皮層のコラーゲン構造がしっかりしていることです。このコラーゲンを満たしているのが繊維芽細胞です。この細胞一つ一つが持つ力を最大限に引き出し、肌を根本から美しくすることをバイオアクティブ理論というそうなのです。

こちらのすごいところはずばり

真皮まで入る化粧品

なのだそうです。化粧品は表皮までしか入らない、これが従来の化粧品の特徴でもあり限界でもあったと思うのですが、こちらはその概念を破った真皮まで到達する化粧品だそうです

が、ゆえにやはりそれだけのお値段が。。

ざっと分けるとクレンジング・洗顔各々10000円、化粧水・乳液各々で20000円

お値段が可愛くないところがちょっと購入をためらってしまうのですが、今回はこのラインのクレンジング・洗顔・化粧水・乳液をそれぞれ約1週間分セットにしていただき試させて頂きました

下の表でいきますと真ん中のマッサージクリーム以外の4つを試しました。

こちらのレビューに関しては後日ムービーでお伝えしたいと思います

どきどき初めてのPOLA。

POLAのイメージは年齢層も高めターゲットで高級化粧品でした。しかしサロン内は清潔で今どきのような感じでした。

到着したときはすでにモニターさんが何人かいらしてお話しされていたので始まる前までは色々みなさんでお話ししていました。

このような感じでお飲み物も出してくださり、いざボイスミーティング(座談会)がスタート。

POLAの方が司会進行でまずは普段のお手入れや化粧品などを聞かれ、あとはこのPOLAのBAの使用感についての質問が続きました

今回私が参加した回は主婦の方が多く、年齢も4、50歳の方たちが多かった印象でした。美容のプロであるPOLAの方たちは私たちのお手入れに少々疑問を感じるところもあったようで、途中で美容講座みたいになった場面もあり大変興味深い座談会となりました

そんな、え?どうしよう?というような難しい質問はありませんでしたが、今一度自分のお手入れ方法や周りの方々の意見を聞くことによって『ほうほう、なるほど』とうなずけることもあったので勉強になりました。こういった座談会っておもしろいですね!いろいろ参加してみようかなぁなんて思っちゃいました

そうこうしているうちに1時間半はあっという間に過ぎ、座談会途中でPOLAの方がスキンチェックが無料でできるとおっしゃったその言葉にピピっと反応し、スキンチェックをしていただくことになりました。

びっくりしたのが、よく百貨店やドラッグストアーでスキンチェックというと水分量や弾力をはかる器具でやっていただくことが多いのですが、こちらは肌組織を採取してPOLAの研究機関で分析してもらい、結果が戻ってくるというなんとも本格的

3つ測定するパッチとアンケート(個人情報や普段のお手入れ方法など)が入っていまして、それをPOLAの方がこんな感じで私たちのお顔の皮膚組織を採取していきます。

これをPOLAさんの研究機関で分析し、約2週間後、結果が戻ってくるそうです。

私の場合はおそらく年末にはその結果が分かるかと思います楽しみのような~、怖いような~

使用した結論から申し上げますとこの

POLA最高峰ブランドB・A

超イイ感じです。というのも私はローションがお気に入りでしたが、少量で伸びもよく、使用したその時にもうるおうのですが寝た次の日にお肌が内側からふっくらしたような感じになります。やはり真皮まで到達しているからこうなるのでしょうか

ただ、、、ただ、、、お値段が。。。

ということでレビューはまたの機会にさせて頂きます。気になる方はムービー、コスメともに是非チェックしてみてくださいね

インスタグラム : marikoevelyn

インスタグラムもちょこちょこ更新しています。宜しくお願いします